話題の洗車機をとことん追求

お役立ち工事系メニューをご活用ください!

エアコンをクリーニングするというならまだしも、ガスをクリーニングするってなんだか変な感じですよね。
しかし車を所有する人であれば、このエアコンガスクリーニングはぜひ知っておくべきです。
これを行うことで結果的に燃費がよくなったりもするのです。

 

このエアコンガスクリーニングはガソリンスタンドやディーラーなどでやってもらえるものなのですが、
ガスの中にふくまれている水分や不純物を取り除く作業なのです。

 

現在2種類のエアコンガスがありますが、フロンガスであるR12はエアコン内の循環を重ねるごとに、酸化したり水分が多くなっていきます。
そうすると気化、液化という変換作業に時間がかかるようになってしまうのです。
これは直接冷却能力低下という結果を呼ぶことになります。
R134は地球破壊のもととなるフロンガスを使用していないものの、もともと水分を多く含むという性質をもっているため、
どちらのエアコンガスを使用しようと、このクリーニングはとても大切なものだと言えます。

 

最近ではエアコンガスが少々減っていても、クーラーはちゃんと効いてくれますが、このエアコンガスクリーニングをすることにさらにパワーアップしますよ。
一度試してみてはいかがでしょうか。


 

「高圧洗浄機を使用すればどんな汚れに対しても問題ナシ」という考え方が貴方にもあるのではないでしょうか?
実は高圧洗浄機にも得意なことや不得手なことが存在しています。

 

汚れというのにも様々な種類がありますが、車などについた水垢や油汚れなどの粘着性のある汚れは苦手なこととなります。

 

高圧洗浄機は土汚れなど表面から飛び出た汚れにはとても効果があります。
「汚れの部分が飛び出ていてそれを水圧でこそげ取る」というのが高圧洗浄機なのです。
このようなイメージを想像してもらうことで高圧洗浄機のことを理解してください。

 

またそれとは逆に表面が凹んでいて中に入り込んでしまっている汚れに関して言えば水圧によって汚れをかき出すことが可能となることでしょう。
この例としてはコンクリートにしみこんだコケの汚れなどに効果的となります。

 
 
 
オーガニックコットンの最新情報
http://shop.tenimuhou.jp/
オーガニックコットンの案内




話題の洗車機をとことん追求ブログ:04月17日
嫁がPTAの副会長をしていた頃には、
あたくしは副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりであたくしが会長になったとき、
嫁が会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日の7時、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前のあたくしなら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

息子の頃、両親に内緒で危ない冒険をしたとき、
両親には筒抜けであった経験があります。

両親には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて両親のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域の息子にとっては知らないよその大人でも、
大人の方は息子を知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今の息子たちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
両親のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
両親たちが息子たちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。

 
話題の洗車機をとことん追求 モバイルはこちら